日本大腸検査学会

投稿規定

〔掲載論文〕

  • 1.日本大腸検査学会雑誌には,発表演題論文,投稿論文ならびに日本大腸検査学会誌編集委員会による依頼原稿を掲載する.
  • 2.論文は大腸検査の基礎および臨床研究に寄与する内容のものとし,他誌に未発表のものに限る.
  • 3.掲載欄は総説,原著,経験,症例報告等とする.
  • 4.倫理上問題のある論文は受け付けない.インフォームドコンセントを得ておくことが必要な研究ではその旨を本文中に記載する.

〔投稿資格〕

論文の筆頭著者は,日本大腸検査学会会員に限る.ただし,共著者も可能な限り会員であることが望ましい.
なお,論文に関与した病理医については本学会会員資格の有無を問わない.

〔原稿の様式〕

論文原稿は,表紙,要旨(400字以内),本文,文献,図表,図表説明の順に記載し,表紙から頁番号を付与する.また,EMBASEやCASなどの海外文献データベースへの収載のため,英文要旨(200語以内)を付けることとする.

〔原稿の書き方〕

  • 1.原稿はMicrosoft社ワードファイル等を使用し,横書きで1ページあたり20字×20行で作成することを推奨する.
  • 2.表紙には題名,著者所属,著者名,Key words(5個以内),連絡先住所(電話,Fax,E-mail含む),および英文表題,筆頭著者の英文名・英文所属,英文住所を明記する.
  • 3.新かなづかいを用い,医学用語を除いて当用漢字とする.句読点は正確に付ける.
  • 4.文中の薬剤および機器名などは一般名を用いること.ただし,日本大腸検査学会会員ならびに賛助会員会社の商品については商品名での併記を可とする.
  • 5.度量衡はCGS単位に限る.
  • 6.略語は,文中初出の箇所において全綴りの後に( )内に記し,原則として新しい略語を用いない.
  • 7.図表は,本文引用順に「表1」「図1」のように明記し,図表の内容が英文で表記されている場合,それぞれの説明も英文で表記することが望ましい.
  • 8.文中の外国語については,固有名詞の頭文字及び,ドイツ語名詞の頭文字を除いて,小文字で表記する.

〔原稿の枚数〕

  • 1.論文原稿は,図表・文献を含め400字詰め20枚以内とする.
  • 2.依頼原稿の枚数については,図表・文献を含め400字詰め30枚以内とする.

〔図 表〕

  • 1.図(写真を含む),表は著者のサイズ指定がない限り,1点を400字詰め1枚に換算する.
  • 2.図版は,拡大・縮小により収載可能な,完全版下(データもしくは紙焼き写真)を使用すること.文字の修正・矢印の追加が必要な場合は,実費を徴収する.
  • 3.図表は,1ページあるいは1ファイルに1点ずつ正しい天地で貼付することを推奨する.図表番号を明記し,希望のサイズがあれば記載のこと.また、本文中の希望位置に図表を貼付したデータでの提出も可であるが,レイアウトの都合上,位置調整が入る場合がある.
  • 4.カラー図版は,カラー図を用いたページごとの計算を行い,1ページ8,000円を徴収する.なお編集委員会による依頼原稿についても同様とする.

〔校 正〕

著者校正は,初校のみ1回行うものとする.

〔文 献〕

文献引用のある場合には,本文中該当個所の右肩に「1,2)」「3-7)」のように表記し,本文の後に,1)……,2)……と一括して,次の要領で記載する.
【雑誌】著者名:論文名.雑誌名,巻:頁-頁,発行年月日.の順とする.
【書籍】著者名:論文名.(編者名),書名,頁-頁,発行所,発行地,発行年月日.の順とする.
著者3名を越える場合は,「3名,他」あるいは「3名,et al」とする.英文誌名略号はIndex Medicusに従う.

(例)
1)柏木秀樹,井上啓二,小川利政,他:注腸X線検査における等張液前処置法の検討.日本大腸検査学会誌,18:229-232,2001.3.5
2)高橋成一,樋渡信夫:虚血性大腸炎.戸田剛太郎,杉町圭蔵,中村孝司(編),消化器疾患最新の治療,p206-208,南江堂,東京,2001.10.20
3)Anderson JC, Messina CR, Cohn W, et al: Factors predictive of difficult colonoscopy.
Gastrointest Endosc, 54: 558-562, 2001.6.15
4)Itzkowitz SH. Kim YS: Colonic polyps and polyposis syndromes. In: Feldman M, Scharschmidt BF, Sleisenger MH(eds), Sleisenger and Fordtran’s gastrointestinal and liver disease: pathophysiology/diagnosis/management Vol 2, p. 1865-1905, WB Saunders, Philadelphia, 1998.12.25

〔論文の版権など〕

  • 1.日本大腸検査学会雑誌掲載後の論文のすべての版権は,日本大腸検査学会に属するものとする.他誌への掲載は,これを認めない.
  • 2.論文掲載の可否および順序などは編集委員会の一任事項とする.

〔掲載料〕

  • 1.掲載料金は規定枚数でおさまる場合は無料とする.但しカラー写真を使用の場合,1頁あたり8,000円を徴収する.規定枚数を超えた場合,1頁あたり5,000円を徴収する.また超過した頁でカラー写真を使用した場合,1頁につきさらに8,000円を徴収する.なお編集委員会による依頼原稿についても同様とする.
  • 2.別刷代は50部単位で,全冊有料とする.掲載料金および別途料金の納入確認後に送付する.
50部 12,000円
100部 18,000円
100部以上 18,000円+1部100円(全て送料含む)

なお,編集委員会による依頼論文の場合の別冊代金は50部まで無料とする.100部の場合12,000円,100部以上の場合12,000円+1部100円(全て送料含む)とする.

〔論文送付時の注意〕

  • 1.論文原稿は,表紙・要旨・本文・文献・図表・図表説明・英文要旨・別刷請求先(和文および英文)の構成とする.
  • 2.別紙に,論文題名,原稿枚数,別刷希望部数,著者校正送付先(住所および電話・FAX・e-mail含む)を明記し,下記宛てe-mailもしくは書留便で送付のこと.原稿は原則として返却しない.

    〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F 株式会社プランニングウィル内
    日本大腸検査学会事務局代行
    TEL:03-6801-8084
    FAX:03-6801-8094
    E-mail:jsce-pw@pw-co.jp

  • 3.筆頭著者は本学会員に限るので,投稿時までに必ず日本大腸検査学会への入会手続きを完了されたい.ただし、共著者も可能な限り会員であることが望ましい.

〔附 則〕

本投稿規定は、平成19年4月1日一部改定
本投稿規定は、平成26年12月10日一部改定
本投稿規定は、平成27年3月11日一部改定
本投稿規定は、平成29年月11月5日一部改定